iPhone

iPhone 15シリーズ 『ライトニングからTypeCへ、でもMagSafeのほうが最高』

iPhone 15シリーズ 『ライトニングからTypeCへ、でもMagSafeのほうが最高』アイキャッチ画像

iPhone 15から『Type-C』

iPhone 15シリーズで『ライトニング』から『Type-C』に充電端子が変わった。

iPhoneの充電が『MagSafeが当たり前』ならライトニング端子からType-C端子になっても全く変わらない。家でも外出先でもMagSafe充電のほうが快適だからだ。

AirPodsもライトニング端子以外の『Type-C端子のAirPods Pro』が新しく発売されたが、MagSafe・ワイヤレスで充電すればいいので不要だと思う。

Apple
¥38,192 (2024/05/24 19:19時点 | Amazon調べ)

iPhoneのワイヤレス充電の速度は最大7.5W、MagSafe充電の速度は最大15W2倍の高速充電ができて、ワイヤレス充電よりも高速でくっつけて充電もできるのでMagSafeのほうが利便性が高い

俺はデスクではiPhoneを横向きでMagSafe充電しながら「時計」や「カレンダー」などを表示してスマートディスプレイのように使っている。

iPhone 15シリーズからType-C端子になっても家でも外でも『MagSafe』を活用したほうが生活はより快適になる。そういった便利な『MagSafeを中心とした生活』を紹介する。

デスクでもMagSafeでスタイリッシュに

俺はデスクでスマホを目の前に置きたいので、iPhoneだけでなくPixel 8 Proも『MagSafe化』して2つMagSafeスタンドを並べて使っている。

iPhoneは『2 in 1 MagSafe充電器』をPixelは『Forte for iPhone』で使うことが多い。

Belkin『2 in 1 MagSafe充電器』

Belkinの『2 in 1 MagSafe充電器』は「MagSafe充電」と「ワイヤレス充電」が1つずつ搭載されている。

ふだんはMagSafe充電iPhoneワイヤレス充電AirPodsが定位置だ。MagSafe対応AirPods・AirPods ProでもくっつけてMagSafe充電ができる。

Belkin
¥10,294 (2024/05/25 11:41時点 | Amazon調べ)

Twelve South『Forte for iPhone』

Twelve Southの『Forte for iPhone』は重量があって垂直まで角度調整できて便利なスタンドだ。ふだんはPixel 8 Proのスタンドとして使うことが多い。

Pixel 8 Proは『MagSafe化』してiPhoneと同じようにMagSafeスマホとしても使うことができる。

MagSafe化
『Google Pixel 8 Pro』をMagSafe化、Androidスマホも便利に
『Google Pixel 8 Pro』をMagSafe化、Androidスマホも便利に

AndroidスマホはiPhoneのようにMagSafe充電はできないしMagSafeアクセサリも使えないが、「MagSafeシール」「MagSafe対応ケース」で『MagSafe化』することができる

Pixel 8 ProをMagSafe化に

Twelve South
¥6,200 (2024/05/26 07:00時点 | Amazon調べ)

Forte for iPhoneは『MagSafe充電器』が別途必要。

Apple
¥5,930 (2024/05/25 23:27時点 | Amazon調べ)

シェルフの上に『3 in 1 MagSafe充電器』でスッキリ

Belkinの『3 in 1 MagSafe充電器』は「MagSafe」「ワイヤレス」「Apple Watch」の3つの充電ができてスペースもスッキリする。

以前まではAirPodsAirPods Proはワイヤレス充電、Apple Watchは専用充電器で別々だった。

外出でつかうことが多い「Apple Watch」「AirPods Pro」「WF-1000XM5」はデスクから離れたシェルフにまとめて置いている。

MagSafe充電はiPhoneに最適化されているが、俺はAirPods ProにPITAKAのケース『MagEZ Case』を装着して充電している。ワイヤレス充電にはSONYの『WF-1000XM5』がくぼみがぴったりフィットしていい感じだ。

AirPods Pro
AirPods Pro(第2世代)『前モデルとの違い、PITAKAケース装着で快適に』
AirPods Pro(第2世代)『前モデルとの違い、PITAKAケース装着で快適に』

僕は「家のながら作業」「電車の移動」などで『AirPods Pro(第2世代)』を使うことが多い。 AirPods Proはカナル式で耳に密着するノイズキャンセリングイヤホンで、外音取り込みモードの性

第2世代AirPods Proとケース

Belkin
¥17,937 (2024/05/27 21:40時点 | Amazon調べ)

『STANDBY機能』はデスクでMagSafe充電器が最適

iPhoneの「STANDBY機能」は充電中に横向きにするとiPhoneをスマートディスプレイのように使うことができる。2画面分割でカスタマイズして様々な機能が割り当てられる。

Appleのスマートホーム『Homekit』の操作ができる

Appleのスマートホーム『Homekit』を使っているなら、ライトのON-OFFなどが簡単に行えて便利だ。

スマートホーム化
Appleのhomekitで賃貸1Kをスマートホーム化『nanoleafのEssentials Bulb・Lightstripがおすすめ』
Appleのhomekitで賃貸1Kをスマートホーム化『nanoleafのEssentials Bulb・Lightstripがおすすめ』

俺は1K 6畳の狭い賃貸で引きこもってiPhone・MacBook・iPadなどたくさんのAppleデバイスに囲まれて生活している。Appleのデバイスを使う機会が多いなら家を『HomeKit』でスマ

keita-inagaki.com

置時計のように使える

時計もアナログからデジタルまでいろんな設定ができる。

フォトギャラリーとして

自動で写真が切り替わっていくフォトギャラリーの設定もできる。

音楽プレイヤーとして

Apple MusicやSpotifyなどを流しながら音楽プレイヤーの表示もできる。

外でもMagSafeのほうが快適

AnkerのMagSafeバッテリー兼スタンド『Power Bank』

Ankerの『Power Bank』は「スマホスタンド型のMagSafeモバイルバッテリー」でiPhone裏面にくっつけて充電しながらポケットに入れたり操作できて、ケーブルを挿すより簡単に充電ができる

バッテリー容量が5,000mAh、iPhone15シリーズ全ての満充電以上の容量がある。

iPhone 15 Pro3,274mAh
iPhone 15 Pro Max4,422mAh
iPhone 153,349mAh
iPhone 15 Plus4,383mAh
iPhone 14 Pro3,200mAh
iPhone 14 Pro Max4,323mAh
iPhone 14 3,279mAh
iPhone 14 Plus4,325mAh
iPhone 13 Pro3,095mAh
iPhone 12 Pro2,815mAh
MagSafeはiPhone 12シリーズ以降の全モデルに搭載

スマホスタンドとしてiPhoneに装着時の安定感も強い。

角度もちょうどよくて充電しながらの操作もしやすい。

MagSafeバッテリ
Anker Power Bank 比較レビュー『おすすめのMagSafeスマホスタンド型のモバイルバッテリー』
Anker Power Bank 比較レビュー『おすすめのMagSafeスマホスタンド型のモバイルバッテリー』

Ankerのスマホスタンド型のMagSafeモバイルバッテリーの新しいモデル『Power Bank』は『622 Magnetic Battery』の実質的なアップデートモデルだ。 両方とも「バッテリー

『Power Bank』の記事をみる

Anker
¥4,990 (2024/05/27 21:59時点 | Amazon調べ)

その他にもMagSafeバッテリーはたくさん

MOFT『 Snap スタンドパワーセット』

MOFT
MOFT Snap スタンドパワーセット レビュー『便利だけど、ズレて使いづらい』
MOFT Snap スタンドパワーセット レビュー『便利だけど、ズレて使いづらい』

MOFTの『Snap-On』はとても便利なスマホスタンド兼カードケースだ。レザーのような手触りや質感で「スマホスタンド」「カードケース」両方で圧倒的に使いやすい。 『スマホスタンド』 『カードケース』

Snap スタンドパワーセット

Apple純正『MagSafeバッテリーパック』

Apple純正
MagSafeバッテリーパック レビュー『高価で容量ない、カッコいいだけのApple純正バッテリー』
MagSafeバッテリーパック レビュー『高価で容量ない、カッコいいだけのApple純正バッテリー』

はじめてAppleから発売された純正バッテリー「MagSafeバッテリーパック」、MagSafeの良いところ、純正バッテリーとしてのメリットや機能、使い勝手など紹介します。

MagSafeバッテリーパック

ライトニングはまだまだ必要

iPhoneからライトニングがなくなってもライトニング端子じゃないと充電できないものはまだある。

AirPods Max

AirPods Max』はライトニング充電しかできない。当たり前だがワイレスやMagSafeも非対応だ。

Apple
¥81,374 (2024/05/25 18:36時点 | Amazon調べ)

Magic Keyboard

Magic Keyboard Touch ID搭載』はライトニング充電しかできない。俺はUSキーをつかっているので特殊だがJISキーもライトニング充電のみ、Touch IDが搭載されていない他のモデルも対応していない

キーボード
Touch ID搭載 Magic Keyboard  レビュー
Touch ID搭載 Magic Keyboard  レビュー

magic-keyboard-touch-id

キーボードの記事をみる

Apple TV リモコン

Apple TVのリモコン『Siri Remote』ライトニング充電のものを使っている。最新はType-Cに対応したのでライトニングからの脱却はできる。

Apple
¥9,001 (2024/05/23 01:21時点 | Amazon調べ)

-iPhone
-, , , , ,