クレジットカード

プラチナデビットカード『審査なしでオトク、アプリでATM、プライオリティパス・モバイル保険も』

プラチナデビットカード アイキャッチ画像

プラチナデビットカード

プラチナデビットカード』は住信SBIネット銀行の口座を持っていれば「年会費11,000円」「審査なし」で持てるプラチナカードだ。金属感のある縦型のカッコいいデザインでカード番号の記載がないので安全性が高く、カード番号やポイントの確認などアプリでほとんど全てのことができる。

国際ブランドは多くの国で使えるMasterCardでデビットカードとしては高い1%ポイント還元、「MasterCardのプラチナサービス」も付いていて日常生活から海外旅行まで様々な場面で使いやすい。

プラチナデビットカードは「Apple PayGoogle Pay対応」「アプリだけで現金が引き出せる」 のでキャシュレスを進めたい人にもピッタリです。他にたくさんの便利な特典やサービスがあるので一つずつ紹介していきます。

住信SBIネット銀行なら、『ATM』『振込』が月5回まで無料

住信SBIネット銀行はランクで「ATM無料回数」「振込無料回数」が変わってくる。

プラチナデビットカードを持っていなくても、アプリの「スマート認証NEO」で顔認証登録や本人情報を紐付けると、「ランク2」に自動的に引き上がり「ATM無料回数月5回」「振込無料回数月5回」になる。

他銀行だと振込手数料がかかることが多いが、振込が月5回無料はかなりお得

プラチナデビットカードで『月20回無料』

プラチナデビットカードを持っていると「2ランクアップ」、「ランク2」から「ランク4」になって、ATM無料回数と振込無料回数が月20回になる。(他条件でもランクアップ可能)

「ATMの時間帯」「他銀行も関係なく」手数料が無料なので、俺は住信SBIネット銀行をハブにして他銀行に振り分けている。

ATM無料回数振込無料回数
ランク4月20回月20回
ランク3月10回月10回
ランク2月5回月5回
ランク1月2回月1回
※ 住信SBIネット銀行・三井住友信託銀行口座は振込手数料が無制限で無料

アプリでATM『プラチナデビットカード以外も可能』

住信SBIネット銀行の「アプリでATM」はその名のとおり、アプリで現金の「引出し」「預入れ」ができるので、キャッシュカードを持ち歩く必要がない。

対応ATMは「セブン銀行」「ローソン銀行」、実際に「引出し」「預入れ」を行ってみた。

現金を『引出し』てみた

セブン銀行ATMの最初の画面の「引出し・預入れ・クレジット取引などスマーフォン」を押す。

住信SBIアプリ」をひらいて、「アプリでATMお引出し引出す金額と確認」を押していく。

アプリがカメラに切り替わるので、QRコードを読み取る。

アプリに表示される企業番号『8346』を入力する。

ここからは通常カードをATMに挿入したときと同じような操作をするばいい。

現金を『預入れ』てみた

セブン銀行ATMの最初の画面の「引出し・預入れ・クレジット取引などスマーフォン」を押す。

セブン銀行『最初の画面』
『スマートフォン』を押す

住信SBIアプリ」をひらいて、「アプリでATMお預入れ」を押す。

アプリがカメラに切り替わるので、QRコードを読み取る。

ここからは通常カードをATMに挿入したときと同じような操作をするばいい。

MasterCardのプラチナ特典がつかえる

プラチナデビットカードは「MasterCardのプラチナカードの特典」が付いてくる。プラチナカードは年会費3万円以上のカードが多いなかで、それ相当の特典を利用することができる。

モバイル端末の保険

対象端末に対して「年1回/1端末」まで、修理可能な場合は「最大10万円」、修理できない場合には新規購入代金の25%「最大2万5千円」が保証される。

対象端末

Wi-Fi接続が可能な通信機器

「スマホ」「タブレット」「デスクトップPC」「ノートPC」「スマートウォッチ」「モバイルゲーム」など

支払い対象

「破損」「損壊」「水濡れ」「水没」「故障」「盗難」

海外旅行傷害保険(自動付帯)

海外旅行保険が自動的に付帯する。(自動付帯

補償内容海外旅行保険
傷害死亡・後遺障害最高1億円
傷害治療費用最高1,000万円
疾病治療費用最高700万円
賠償責任最高1億円
携行品損害(1年間)最高100万円
救援者費用(1年間)最高500万円
『自動付帯』

海外旅行保険のなかには『航空便遅延費用補償』もあって、出航遅延で生じた飲食費や乗継遅延等で生じた宿泊費飲食費、預けた手荷物が遅延・紛失した際の衣類購入費等が補償される。

補償内容海外旅行保険
乗継遅延費用2万円
出航遅延/欠航/搭乗不能費用1万円
受託手荷物/遅延費用1万円
受託手荷物/紛失費用2万円
航空便遅延費用補償(自動付帯)』

国内旅行保険は国内旅行の費用をこのカードで決済すると付帯する。(利用付帯

補償内容国内旅行保険
傷害死亡・後遺障害最高1億円
入院(1回につき)最高5,000円
通院(1回につき)最高5,000円
乗継遅延費用2万円
出航遅延/欠航/搭乗不能費用1万円
受託手荷物/遅延費用1万円
受託手荷物/紛失費用2万円
航空便遅延費用補償

PriorityPass『プライオリティ・パス』

世界中の空港ラウンジが利用できる『LoungeKey』が付帯されていたが、2023年12月1日から『Priority Pass』に変更になった。

プラチナデビットカードの『Priority Pass』は「年間3回」まで無料でラウンジを利用できる。Priority Passは1,300ヵ所以上の世界中の空港ラウンジが利用できる会員制のサービスで、利用回数は種別で異なる

Priority Passアプリでデジタル会員カードが使えて、残りのラウンジ利用回数の確認もできる。

iPhoneのWalletアプリに追加できて、利用することもできる。

ダイニング by 招待日和

日本全国の指定のレストランで、2名様以上で所定のコースをご予約の場合に、1名様分が無料になる特典がついてくる。

招待日和
ダイニング by 招待日和

招待日和 厳選されたレストランで1名様分が無料に

syotaibiyori.com

まとめ

メリット

プラチナデビットカードのメリット

  1. 審査なし』『年会費11,000円』のプラチナカード
  2. ATM回数』『振込回数』が月20回無料(口座保有でも月5回無料
  3. デビットカードとして高還元率の『1%ポイント還元
  4. アプリで現金を引き出せる(プラチナデビット以外も可能)
  5. MasterCardのプラチナ特典
    • モバイル端末保険
    • 海外旅行保険(自動付帯
    • ラウンジサービス『PriorityPass
    • ダイニング by 招待日和
公式サイト
プラチナデビットカード(Mastercard) | 商品・サービス | NEOBANK 住信SBIネット銀行
プラチナデビットカード

デビットカード(Mastercard)なら住信SBIネット銀行。Mastercardマークのあるお店ならどこでもキャッシュカードでお買い物ができます。即時引落しだから現金感覚で使えて安心!米ドル決済も ...

サイトをみる

デビットカードのデメリット

デビットカードのデメリットとして、ネット決済で使えないことが多くあるので、クレジットカードを別に一つ持っておくと安心です。

デビットカードのメリットは、決済直後に銀行口座の残高から引き落とされるので、クレジットカードの後払いが苦手な人でも安心してお金の管理ができる

おすすめクレカ
【2024年6月最新入会キャンペーン】マリオットボンヴォイアメックスプレミアム徹底解説『マイル・ポイント還元率・特典、カードの違いも』
クレジットカードを持つならコレ!

この記事はマリオットボンヴォイアメックスカードの宣伝が目的ではなく、自分の正直な意見と情報をわかりやすくまとめたものです。 『マリオットボンヴォイ』は日本全国・世界で展開している世界最大級のホテルチェ

高還元のポイント・マイルのクレカ

GMOあおぞらネット銀行の『プラチナデビットカード』

【GMOあおぞらネット銀行 Mastercardプラチナデビットカード】同じく「審査無し」で年会費3,300円かなり安いプラチナカードだ

MasterCardのプラチナ特典は付いてこないが同じくATM無料回数と振込無料回数が月20回になる。ポイント還元率も最大1.2%とより高いのでGMOあおぞらネット銀行をメインバンクにしているなら加入してもいいと思う。

-クレジットカード
-,