賃貸でも壁紙を自由に変えられる

デスク周りの印象を大きく変わるために、デスク背景に大きな変化をしたいとずっと試行錯誤していました。

賃貸の壁紙普通すぎる壁紙ばかりで個性がだせません。

どんなにかっこよいデスク環境をつくっても物足りない感じがずっとしていました。デスクの背景にもっと個性をだせれば、作業のモチベーションもあがると思ったので、壁紙を思い切って変えることにしました。

賃貸では原状回復が前提で壁紙を貼らなければいけないので、はがせる壁紙を使って壁紙を張り替えることにしました。

壁紙の色味はガジェットだらけの僕の部屋では、ブラックのコンクリート調だとかっこよい空間になると思って、raschの黒の壁紙を選び2ロール購入しました。

事前に必要な壁紙の量を測って、必要量購入することをおすすめします。

raschの壁紙はAmazonでは購入できないので、楽天かYahooで購入がよいです。

賃貸の普通の壁紙を変えてみる

壁紙を購入したら、貼り付けるのに必要な道具も必要です。

はがせるノリ『スーパーフレスコイージー』、『ノリをつくったり塗るためのセット』、『壁紙をしっかりくっつけるセット』、以下の3つのセットを購入しておくと、より簡単に壁紙の張替えをすることができます。

created by Rinker
Graham & Brown
¥1,760 (2021/09/16 19:13:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
T-colors
¥1,500 (2021/09/16 22:13:56時点 Amazon調べ-詳細)

接着のための液体ノリをつくる

1ロールに必要量をつくるには『スーパーフレスコイージー30gに、水を1リットルです。混ぜるときはぬるま湯を入れたほうがノリが水に溶けやすくなります。

ノリをつくる際には少し溶けきれない固形物がありますが、ぬるま湯をいれてできるだけ無くす程度でそのまま使用しても大丈夫でした。

実際に壁紙を貼っていく

実際に溶かしたノリをローラーに付けて、直接壁にローラーで塗っていきます。

ノリの量はベタベタくらいに壁に直接塗っていきます。

一枚一枚慎重に貼っていく。

ロールのままで壁の上から貼って、下は適当に少し長めにハサミで切って、最後はカッターを使って仕上げる。それを繰り返して1枚1枚貼っていくことで仕上げていきます。

貼り付けるのは丁寧に

壁紙を貼り付けるときは丁寧に行いましょう。

貼り直しは何度もできるので、適切な位置をしっかり決めたあと、「竹ベラ」と「ローラー」を使って丁寧に接着させていきます。「竹べら」で空気を抜き壁と壁紙を密着させていきます。「ローラー」は壁紙の端っこを念入りにコロコロしていきます。

特に注意するのは、壁紙と壁紙をくっつけるの境目はローラーを使って何度も何度も丁寧に貼り付けることが重要です。

ここでしっかり行わないと、乾いて縮んで壁紙の間に隙間ができてしまいます。僕も一度目には隙間ができてしまい、やり直しました。

貼り付ける際には、壁紙と壁紙のつなぎ目はローラーで丁寧にコロコロが最重要です

壁紙を貼り替えてみて

全面に新しい壁紙を貼り替えが完了しました。

壁紙と壁紙との隙間はほとんどなく、キレイに仕上げることができました。作業を始めてから終わるまで丸一日かかり、作業自体は結構たいへんな作業です。

壁紙を変えてモチベーションもあがる

壁紙を変えるだけで全く違う空間をつくることができました。

デスク周りの雰囲気や光の照され方が変わることで、ガジェットに囲まれた僕の部屋をかっこ良い空間にすることができて、日々のモチベーションがあがっています。

DIYはやっぱり難しい

壁紙の下の方はどうしてもキレイにできなかった。また、壁紙との間には少し隙間ができてしまったり、境目がはっきりわかる箇所など、完璧にはできません。

ある程度妥協をしながら、自分なりのベストで壁紙貼ることがよいです。

まとめ

部屋の印象を大きく変えるのに、最も簡単な方法は壁紙を貼り替えることだと思います。

いろいろとデスクまわりをカッコよく刷新させてきましたが、もとの壁紙で賃貸らしさがでてしまっていたと壁紙を新しく貼り替えたあとに気付くことができました。

また、僕も一度貼ったあと貼り直す際にキレイに剥がすことができたので大丈夫だと思いますが、あくまでも自己責任でお願いします。

ガジェットが好きな人にとって、デスクまわりにこだわりを持っている人は多いと思います。

壁紙を貼り替えてデスク周りをカッコよくすることで、ガジェットが好きな人に特に壁紙の貼り替えはオススメです。