楽天モバイル レビュー【約一ヶ月使ってみて→これからは楽天一択】

2020年4月8日から、楽天がDocomo、au、SoftBankに次ぐ4番目のMNO(通信キャリア)として「Rakuten UN-LIMIT」がスタートしました。

一年間無料・データ使い放題という破格のプランです。(300万名対象)

楽天モバイルを実際に使ってみて感じたこともまとめてみます。参考にしてもらえると嬉しいです。

楽天モバイル レビュー 【届いてから使うまで】

3月の楽天の発表会すぐに予約注文したので、楽天回線開始の日に到着しました。

送られてきたのは、「SIMカード」と「START GUIDEと書かれた説明書」だけです。

説明書もわかりやすく、設定もシンプルで5分もかかりませんでした。

設定は非常にシンプル
  1. スマホの電源をきって、送られてきたSIMカードを差し込む
  2. アプリ(my 楽天モバイル,Rakuten Link)をダウンロード・ログイン

my楽天モバイルは設定やサポート、Rakuten Linkは通話・チャットに対応

楽天モバイル 詳細

Rakuten UN-LIMIT 2.0
  • 一年間無料(1人、1回線まで)
  • 国内データ使い放題(条件あり→下で説明があります)
  • 国内通話かけ放題(Rakuten Linkアプリ利用)
  • 海外でも利用可能(対象国で2GB、SMS無料等)

詳細は『楽天モバイル』で確認できます

国内データ使い放題について【楽天回線エリア、パートナー回線エリア】

楽天モバイルは場所によって、楽天回線パートナーエリア回線(au回線)が切り替わります。

ホームページでは『楽天回線エリア』が公開されています。実際は楽天回線が使えないところは多いです。

僕が住んでいる横浜では、横浜駅・桜木町・関内周辺では楽天回線が使えますが、楽天回線エリアのはずの自宅はパートナー回線エリアです。全てが公開された情報ではないので注意が必要です。

パートナーエリアではau回線となります。5.0GBまで高速通信が可能で、使用状況はアプリで確認できます。僕の場合はいろいろと試していたので、5GB全て使い切ってしまいました。

高速通信超過した際にも、動画やブラウジングは全く問題ありませんでした

データ通信のついて
  • 楽天回線エリア→データ使い放題
  • パートナー回線エリア(au回線)→データ容量5GB/月

高速通信超過しても十分な通信は可能

楽天モバイルを実際に使ってみて

楽天モバイルを1ヶ月使ってみて、僕は現時点では楽天モバイルが一番良いと思います。

「楽天回線」と「パートナー回線」ではとくに違いを感じません。パートナー回線の5GBを超えたとしても、十分な通信速度は確保されています。

また、通話も特に不便を感じることはありません。

「Rakuten UN-LIMIT」は「au回線を5GB/月を一年間無料で使える」これだけで契約しない理由はないと思います。

楽天モバイルを検討している方は是非検討してみたください。

「Rakuten UN-LIMIT」を契約する場合は、SIMフリーのスマートフォンが必要です。現行でdocomo,au,Softbankを契約していて、SIMフリー化されていない場合は使えないので注意してください。

楽天市場リンク(Rakuten UN-LIMIT)
Rakuten UN-LIMIT