キャッシュレス還元事業 まとめ【ペイのキャンペーン情報も】

2019年10月から増税と同時に経済産業省の『キャッシュレス還元事業』が始まりました。

〜2020年6月までが期限になっています。

キャッシュレス 還元事業

ポイント還元は主に以下のとおりです。

一部例外もあるので確認は必要です。

ポイント還元
  • 中小・小規模事業者の加盟店で5%の還元を受けられる。
  • 一部コンビニやガソリンスタンドなどで2%の還元で支払い金額から差し引かれる。

主に使える電子マネーとキャンペーン情報

現行多くの店で利用できる電子マネーについては以下のとおりです。

Suica 交通系電子マネー 【登録必須】

利用できる箇所が最も多い。Apple Pay、Google Payも使用可能。Apple watchでも利用できます。

『Apple watch 4 レビュー【初めてのスマートウォッチ】』

注意しなければいけないのは、SuicaではJREの登録をしてないとポイントが付与されません

『JRE登録サイト』で登録が必要です。

PayPay

Suicaが使えない小売店でも使えるところが多くなってきました。商店街の小さなお店やラーメン屋さんでも使えたりします。

Apple watchのアプリでも使えるようになったのも大きいですね。

『PayPay Apple watchアプリ まとめ』

Line Pay

Lineと連携した電子マネーサービスです。誰もがアカウントを持っているので、LINEで繋がっていれば個人のお金のやりとりも簡単にできます。

メッセンジャーアプリと電子マネーの相互関係は今後重要になってくると思います。

日本で最も使われているメッセンジャーアプリとしてのメリットは大きいですね。

楽天ペイ

楽天を普段から利用している人は、楽天ポイントを使って支払いができる。楽天カード払いで支払うと最大200円で3ポイントの還元を受けられます

『楽天ペイ アプリの使い方まとめ【ポイント還元率・アプリの使い方】』

d払い

コンビニや薬局を対象にした還元率の高いキャンペーンを多く行っています。

たくさんいろんなキャンペーンを行っている(わかりにくい・・)

『d払い – dポイントがたまる!かんたん、便利なスマホ決済』

コンビニでは

対象店舗には対象の表記がある

大手コンビニはポイントの還元ではなく、2%の還元で支払い金額から差し引かれます。

対象外の店舗もあるので注意が必要です

中小・小規模事業者の加盟店では

中小の還元対象店舗でキャッシュレス還元が5%受けられます。

キャッシュレスの対象店舗には、入り口に上記のようなステッカーなどがついてることが多いです。

注意が必要なポイントのまとめ

  • Suicaでポイント還元を受ける場合は、JREの登録が必要
  • コンビニの還元率は2%で支払金額から差し引かれる。
  • 中小の還元対象店舗ではキャッシュレス還元ポイントが5受けられる。