Apple Watch キャッシュレスアプリ まとめ

Apple Watchは財布としての役割は大きいです。Apple Watchで支払えば、iPhoneで支払うよりはるかに簡単に支払うことができます。これからApple watchの購入を考えている方に参考になると思います。

Apple Watchで支払い可能なキャッシュレスをまとめたいと思います。

Apple Watch キャッシュレスアプリ まとめ

Apple Watchの支払いのほとんどがWalletアプリにまとまっています。クレジットカード払いのQUICPayとiDの支払い、モバイルSuicaの残高確認やチャージもWalletアプリで確認可能です。ポンタポイントやdポイントもWalletアプリに対応しています。

以下、Apple Watchに対応した主なキャッシュレス方法です。

QUICPayとiD

2回タップすると支払い準備ができる

Apple WatchのWalletアプリに登録したクレジットカードはApple Payに対応しています。ほとんどのクレジットカードがApple Pay登録可能で、QUICPayかiDで支払い可能です。

QUICPayかiDは手軽にクレジットカードを利用できる支払い方法ですが、クレジットカードのポイント還元率が下がってしまう場合があるので確認は必要です。

クレジットカードを多く利用する方はQUICPayとiDがオススメです。

モバイル Suica

モバイルSuicaは店舗や自販機で支払いができ、もちろん電車やバスでも使うことできます。

Apple Watchで支払いをするには、通常タップをしたりアプリを開いて支払い画面を起動する必要がありますが、モバイルSuicaはApple Watchをかざすだけで支払いが可能です。

モバイルSuicaのクレジットカードチャージはVIEWカード以外はポイントがつきません。支払いが簡単で対応している場所が多いので、面倒な支払いを避けたい人にオススメです。

Apple WatchがWiFiモデルでネット接続がなくても支払いが可能です。また、iPhoneだけでなくAndroidにも対応しています。

モバイルSuicaは便利なので、ついついモバイルSuicaで済ませてしまうことが多いです。

Pay Pay

PayPayは小さな小売店でも対応しているお店は多く、ポイント還元率やキャンペーンが多いです。QRコード決済は面倒ですが、Apple Watchで便利にQRコードを表示して決済ができます。

PayPayのWatchアプリの使い方をまとめました。

左下は「マイコード」右下は「支払い履歴」をタップで確認できる
ホーム画面から左スワイプで表示できる。
ホーム画面から右スワイプで表示できる。