【まとめ】Apple Watch キャッシュレス できること

Apple Watchで支払い可能なキャッシュレスをまとめたいと思います。

Apple Watchは財布としての役割は大きいです。Apple Watchで支払えば、iPhoneで支払うよりはるかに簡単に支払うことができます。

これから、Apple watchの購入を考えている方に特に参考になると思います。

【まとめ】Apple Watch キャッシュレス できること

Apple Watchの支払いのほとんどがWalletアプリにまとまっています。クレジットカード払いのQUICPayとiDの支払い、モバイルSuicaの残高確認やチャージもWalletアプリで確認可能です。ポンタポイントやdポイントもWalletアプリに対応しています。

以下、Apple Watchに対応したキャッシュレスです。

QUICPayとiD

2回タップすると支払い準備ができる

Apple WatchのWalletアプリに登録したクレジットカードはApple Payに対応しています。ほとんどのクレジットカードがApple Pay登録可能で、QUICPayかiDで支払い可能です。

QUICPayかiDは手軽にクレジットカードを利用できる支払い方法ですが、クレジットカードのポイント還元率が下がってしまう場合があるので確認は必要です。

クレジットカードを多く利用する方はQUICPayとiDがオススメです。

モバイル Suica アプリ

モバイルSuicaはApple Watchをかざすだけで支払いが可能です。Apple Watchで支払いをするには、どれも通常タップをしたりアプリを開いて支払い画面を起動する必要があります。

モバイルSuicaのクレジットカードチャージはVIEWカード以外はポイントがつきません。

モバイル Suicaは、支払いが簡単で対応している場所が多いので、面倒な支払いを避けたい人にオススメです。

Pay Pay アプリ

Apple WatchのディスプレイにQRコードを表示することで決済ができます。

PayPayはQUICPay・iDやSuicaのFelica非対応の小さな小売店でもPayPayに対応しているお店は多いです。PayPay Apple Watch アプリ まとめに使い方はまとめてあります。

PayPayはポイント還元率やキャンペーンが多いので、キャンペーン中に集中的に利用するのにはオススメです。

Apple Pay ポイント加算がある場合

Apple Watchに限らずですが、ポイントの加算に関しても書いておきます。

Apple Payにポンタポイントとdポイントを登録している場合は、「Apple Payで払う」と店員さんに伝えて支払うと自動的にポイントが加算されます。

ただ、ポンタポイントとdポイントの両方を登録していると上記のような選択画面が出てきます。ポンタポイントとdポイントのどちらかを選んで、もう一度Apple Watchをかざす必要があるので少し面倒です。

まとめ

Apple Watchはキャッシュレスとの相性がいいので、Apple Watchを持っている人は積極的にキャッシュレスを取り入れてみることをオススメします。

QRコード決算はPayPay以外は対応していないのと、今後の導入も少ないと思います。Apple Watchにはあまり期待しないほうがいいかもしれませんね。

クレジットカードでKyashカードにチャージしてをQUICPayで支払えばポイントを多く獲得できます

Kyash Card 開封レビュー【次世代のクレジットカード】

参考にしてもらえると嬉しいです。

Apple Watch 関連記事

Apple Watch アプリ まとめ【買ったらつかえる6選】

Apple watch 4 レビュー【初めてのスマートウォッチ】

Apple Watch 5 レビュー【常時点灯必要なし?】