PayPay Apple Watch アプリ まとめ

Apple Watchを財布として使うと便利に使えますよ。

Apple Watchでの決済はSuicaとQuickPayが使えますが、それに加えてPayPayが使えるようになりました

QRコードのPayPayが使いやすくなりました。

QRコード決済は非常に面倒です。スマホを開いて、アプリを起動して、QRコードを表示させる。QRコードを表示させたら、それを店員さんに読み取ってもらう。やたらと手間がかかります。

Apple Watchによって、便利にQRコードが使えるのかでQRコードを使う頻度も増えてきます。PayPayのWatchアプリの使い方をまとめました。

Pay Pay Apple Watch アプリ まとめ

PayPayのホーム画面には残高が表示されています

左下はマイコード、右下は支払い履歴をタップで確認できます。

QRコードとバーコードの表示

ホーム画面から左スワイプで表示できる。

アプリではQRコードとバーコードが使用できます。ワンタップでQRコードとバーコードの切り替えが可能で、ウォッチの傾きを感知して上下の切り替えもできます。

アプリ内での設定

ホーム画面から右スワイプで表示できる。

設定画面では残高表示の管理と音量の調整ができます。設定画面には説明書きがあって、わかりやすいです。

Apple Watchでの会計には問題もある

PayPayアプリを使っていて一番困ったのが、いざ支払おうとQRコードやバーコードを表示したときに、非表示になったり画面が暗くなることがあります。

また、店員の人がQRコードを読み取る際に読み取る機械を近づけたり遠ざけたり、うまくいかないこともあります。

Apple Watchに対応したことにより、iPhoneを使わないでもPayPayを使えるようになったのは非常に便利になりました。

AIRPODS PRO レビュー

Apple watch 4 レビュー【初めてのスマートウォッチ】

Apple watch 5 レビュー【常時点灯必要なし?】